MASTER HOUSE SALON/海外インテリアブログ


工 素子(たくみ もとこ):
ミラノにてプロダクト・インテリアデザイナーに師事。イタリアデザインのみならず衣食住についても勉強中!


河合 妙子(かわい たえこ):
フォトグラファー&ライター。西・仏・英・中の4ヶ国語OK!トレドを拠点に、スペインの情報を発信します。

ストックホルムの個性的な地下鉄Part2[c_suto]

ストックホルム中央駅こんにちは、須藤です。ストックホルムへ戻ってきましたが、妻と息子はまだ日本に滞在しています。久しぶりの独りぼっちの生活でちょっと寂しいです。

さてさて、今回は好評だった1月11日のブログをもうちょっと補完する写真を撮ってきました。前回と同じ駅ですが、違う角度からの写真を紹介します。

ストックホルム中央駅のこれはホームへ繋がるエレベータ乗り場。壁面には、高所で作業をするための足場や、作業員が建築作業中の現場が描かれています。
ストックホルム中央駅

こちらはホーム側のエスカレータの入り口。迫力満点です。
エスカレータの入り口

ソールナ駅のホーム。一体どれだけの塗料を使用したか想像もつきませんが、塗装自体にもどれくらい時間をかけたのでしょう?
ソールナ駅

岩盤の中をあがっていくエスカレータ。まるで火山の中の溶岩という感じです。
エスカレータ

他にもきっと良い駅があるはずなので、良い所を見つけたらまた紹介しますね!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.interblog.jp/bizmt/mt-tb.cgi/23

この一覧は、次のエントリーを参照しています: ストックホルムの個性的な地下鉄Part2:

» 個性的なストックホルムの地下鉄 送信元 海外インテリアブログ by インターホーム
新年おめでとうございます。スウェーデンの須藤です。 今年もストックホルムからのブ... [詳しくはこちら]

» 今、ミュシャ展やエミ 送信元 Magia
今、ミュシャ展やエミールガレ展などアールヌーボーに関連した展示会が開催されてるんですよね…。 あー行きたい!ミュシャは高校生の時から好きだったの(。- -... [詳しくはこちら]

コメント (5)

Ikuru:

ハジメさんへ
路線や駅によっては結構、深い所に位置しているとは思いますが、岩盤が日本と比べて固いみたいなので掘削がしやすいようです。

ハジメ:

こちらもすごいですね…
一番下の写真を見ると、かなりの深さがあるように思うのですが、どうでしょうか?とても迫力ありますね。

天然の自然を利用した空間建築のデザイン、すばらしいですね。

saoさんへ
僕もここへ始めて来たときはビックリしました。あまりの斬新さと迫力に驚きです。

yajiさんへ
そうですね。まるで地下の基地みたいな印象です。災害時には避難場所としても使える様に考えられていると聞いた事があります。

yaji:

うーん、なんだか地底の秘密都市のような印象を受けます・・・独りでここに降り立ったら不安になりそうですね。

また、素敵な駅の紹介を楽しみにしています(^^)

sao:

目の覚めるような色彩の駅ですね。とても素敵です!!
世界中には、様々な駅があるんですねぇ。そんな駅に降り立ったらきっと感動するんだろうなぁ。
私もいつか訪れてみたいです♪

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


PAGE TOP