MASTER HOUSE SALON/海外インテリアブログ


工 素子(たくみ もとこ):
ミラノにてプロダクト・インテリアデザイナーに師事。イタリアデザインのみならず衣食住についても勉強中!


河合 妙子(かわい たえこ):
フォトグラファー&ライター。西・仏・英・中の4ヶ国語OK!トレドを拠点に、スペインの情報を発信します。

最近のエントリー

カテゴリー

過去のエントリー

「ルルドの泉」の秘密に迫る!?[b_kawai]

みなさま、お元気ですか?
さて今回は、奇跡の水が湧き出るとして有名な「ルルドの泉」へ、みなさまをご案内します。

「ルルドの泉」の秘密に迫る!?

恥ずかしい話ですが、実は私、以前まで、「ルルド」と「トレビ」と「トレド」の違いが
わかりませんでした。(笑)その後、何人か同じように勘違いをしている日本人の方々に会い、
「私だけじゃなかったわ!」と大笑い。

そこで今回は、先日訪れてやっとわかった「ルルド」について、徹底解剖してみたいと思います!


秘密その1: ルルドは、こんな山の中にあった!

「ルルドの泉」の秘密に迫る!?

ルルドという町は、フランスとスペインの国境沿いにあります。
トレドから車でバルセロナ方面に向かうこと、7時間半。
近隣アラゴン州のスキー場も通り過ぎ、ピレネー山脈を越えてようやく着きました。

まさかこんな山の中にあるなんて、イメージしていましたか?



秘密その2: ルルドは、サンチャゴ・デ・コンポステーラの一角にある!

「ルルドの泉」の秘密に迫る!?

写真の中央をご覧ください。
白い標識に、青い四角とその中の黄色い光のイラストが見えるでしょうか。
これは、スペイン北部にある、有名な巡礼街道「サンチャゴ・デ・コンポステーラ」の印です。
カトリック信者だけではなく、病気完治など願をかけた人々が世界中からやってくるその巡礼街道は、
なんと、ルルドにも続いていたのです。



秘密その3:やっぱり、フランスらしい町並みもある。

「ルルドの泉」の秘密に迫る!?

「ルルドの泉」の秘密に迫る!?

「ルルド」は、フランスの町のひとつ。なので、やっぱり街角はフランスらしい雰囲気ですし、
もちろん、話す言葉もフランス語です。
当たり前と言えば当たり前なのですが、「ああ、なるほど」と思った次第です。


秘密その4:岩の上に教会が建っている!

「ルルドの泉」の秘密に迫る!?

「ルルド」には、教会の大きな敷地があります。
そこには大聖堂のほか、教会やチャペルが集まっています。

驚いたのは、巨大な聖堂の基礎部分。
なんと、岩場の上に建っているのです!!
この岩場こそ、少女ベルナデッタちゃんが、聖母マリアからお告げを得た場所だと言われる聖なる場所。

「ここを掘りなさい。泉が湧くから」と言われ、ベルナデッタちゃんから伝え聞いた村人たちが
その場所を掘ると本当に泉が湧き、その水で多くの病人が癒されたといいます。

その奇跡の出来事を信じて、今も世界中の人々がこの岩場を目指してやって来るのです。



秘密その5:教会は、アート感覚に満ちた場所だった!

「ルルドの泉」の秘密に迫る!?

「ルルドの泉」の秘密に迫る!?

「ルルド」にある大聖堂は、一見普通の教会なのですが、近づいてよく見ると、
壁全体が現代風モザイクで作られた、ローマのような雰囲気。

現代風モザイクで聖家族の大きい壁画が描かれていたり、床もおしゃれなモザイクであったりと、
どこかポップアートを感じる場所です。

「ルルドの泉」の秘密に迫る!?

また、敷地内の別の場所には、一般的な教会の概念を覆す、現代建築もありました。

「ルルドの泉」の秘密に迫る!?

これは側廊。
教会の中央の座席部分をぐるりと囲む廊下です。まるで現代美術館のよう!

「ルルドの泉」の秘密に迫る!?

こちらが祭壇。十字架に磔になったキリストの像があります。
神父様がここに立ってミサを行う様子が、なかなか想像できません。

「ルルドの泉」の秘密に迫る!?

そして、なんとこれは、パイプオルガン。
これまでの教会のイメージが、吹き飛んでしまいました。


秘密その6:教会敷地内には、いたるところにロウソクが!

「ルルドの泉」の秘密に迫る!?

これは、ロウソク小屋と呼びたくなるような火屋付(炉)。朝日が漏れて、美しかったです。
このようなロウソクをたく炉が、ルルドの教会敷地内には、たくさんあります。
この写真の炉に?燭がないのは、前日の燃えかすが掃除されていたからでしょう。

「ルルドの泉」の秘密に迫る!?

が、少し目を離している隙に、たちまちロウソクでいっぱいになりました。

カトリック信者だけが興味を示すものだと思い込んでいましたが、街全体がカトリックを
主題にしたテーマパークのようで、興味深い旅ができました。

みなさんも、少しはルルドのことを知っていただけたでしょうか?
次回はさらに、ルルドの町や、近隣の町バヨンヌをご紹介します。お楽しみに!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.interblog.jp/bizmt/mt-tb.cgi/1169

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


PAGE TOP