MASTER HOUSE SALON/海外インテリアブログ


工 素子(たくみ もとこ):
ミラノにてプロダクト・インテリアデザイナーに師事。イタリアデザインのみならず衣食住についても勉強中!


河合 妙子(かわい たえこ):
フォトグラファー&ライター。西・仏・英・中の4ヶ国語OK!トレドを拠点に、スペインの情報を発信します。

最近のエントリー

カテゴリー

過去のエントリー

ガイドブックにはない街へ。ルネサンスの街ウベダを訪ねて[b_kawai]

みなさん、こんにちは!

今回は、スペイン観光のルートには滅多に入らない「ウベダ」という街をご紹介します。

アンダルシアといえば、グラナダやコルドバが有名ですが、最近は、世界一のオリーブオイル生産地として注目されているハエンも忘れてはなりません。

ウベダは、そのハエン県にある、世界遺産の街なのです。
ルネサンス時代に当たる14-15世紀の建物が非常に多く、2003年にその中でも重要な建物群が世界遺産に認定されました。

そんな街で泊まったホテルは、16世紀に貴族の館だった建物。
1階にはパティオ、2階は回廊、3階には庭のような屋上があるおしゃれな建物でした。

ガイドブックにはない街へ。ルネサンスの街ウベダを訪ねて

こちらは、1階のパティオです。来客たちのリビングになっています。手前が受付、奥の部屋が食堂です。

ガイドブックにはない街へ。ルネサンスの街ウベダを訪ねて

こちらは2階の回廊。ちょっとしたサロンになっており、おしゃべりや読書、お茶が楽しめそうな雰囲気。

ガイドブックにはない街へ。ルネサンスの街ウベダを訪ねて

こちらは3階にある屋上。お庭のようなサロンになっています。

ガイドブックにはない街へ。ルネサンスの街ウベダを訪ねて

私は、3階にあるこの部屋に泊まりました。
屋根裏風ですが、天井が高く、キッチンの設備もある部屋です。

レストランやバルで食べるスペイン料理も美味しいですが、少し長い滞在をするなら、
キッチンがあるとありがたいですね。
スーパーで気になった食材は、買って試してみたいじゃありませんか?

ガイドブックにはない街へ。ルネサンスの街ウベダを訪ねて

私の泊まった部屋の窓をご覧ください。なんと、こんなに厚い壁が!
夏は暑さを抑え、冬は寒さを防ぐ効果があると言われています。
これは、15~16世紀の石造建築の構造的理由もあるのでしょうが、生活の知恵とも言えますね。

ガイドブックにはない街へ。ルネサンスの街ウベダを訪ねて

階段のアーチから垣間見えるサロンに感動しました。
館の主人になった気持ちで降りられるのです。素敵でしょう?

ガイドブックにはない街へ。ルネサンスの街ウベダを訪ねて

さて、外に出てみましょう。
ルネッサンス風の建物が、確かにあちらこちらにありました。

ガイドブックにはない街へ。ルネサンスの街ウベダを訪ねて

おしゃれな陶器屋さんを発見。
地中海風の、おおらかな香りのする素敵な絵皿や壺がたくさんありました。

ガイドブックにはない街へ。ルネサンスの街ウベダを訪ねて

「月と太陽の道」という名前がついた通りには、玄関に太陽と月のマークが入った家がありました。
道の名前が先にあったのか、この家が有力者の家でそのマークが通りの名前として定着したのか。
謎は深まるばかりです。太陽と月のデザインが、中世っぽくて、かわいいですね。

ガイドブックにはない街へ。ルネサンスの街ウベダを訪ねて

正面ファサードの壁面に、いろいろなデザインの装飾がされている教会を見つけました。
扉の両脇に並ぶ多くの突起物は、帆立貝の模様です。
帆立貝は、スペイン語で「サンチャゴ」。フランス語では「サン・ジャック」。
カトリック騎士団である十字軍のシンボルであり、お守りの力があると言われています。
そのため、教会やお金持ちの家には、帆立貝の彫刻がよく飾られたのだそうです。

その近くに、今度は古い教会が見えてきました。
サン・ロレンソ教会です。

ガイドブックにはない街へ。ルネサンスの街ウベダを訪ねて

一歩入ってみると、何やらアートな空間が。
アーティストたちのグループ展が開かれていました。

ガイドブックにはない街へ。ルネサンスの街ウベダを訪ねて

かつてはここで、クリント・イーストウッド主演の西部劇が撮影されたことがあり、
若きクリント・イーストウッドの、くわえタバコにピストル姿で立つ姿が
今も市民の目に焼き付いているのだそうです。

それ以後、廃墟になり放置されてしまったこの美しい教会を改装するため、
市が門戸を開け、地元出身のアーティストたちによるアートギャラリーが実現したのです。

ガイドブックにはない街へ。ルネサンスの街ウベダを訪ねて

これは、壁から剥がれたフラスコ画の一部ですね。
きれいな教会であったことが偲ばれます。

ガイドブックにはない街へ。ルネサンスの街ウベダを訪ねて

そんな教会で出会ったわんちゃん。
ご主人が友人とのおしゃべりに夢中の間、ずっと床にはべっていました。

「暑い夏は、涼しい教会の中でゴロンとするに限るよー」

ちなみにウベダからは、グラナダまでもコルドバまでも、車で1時間半。
ドライブを楽しむなら、ちょうど良い距離です。
周囲は交通量が少なく道も整っているので、レンタカーを借りて走るには絶好の場所です。
地中海の街アルメリアへ続くA-92号線は、アメリカ西部劇がよく製作されたという
広大な風景を貫く街道。
ぜひ、ガイドブックにはない自分だけの旅を発見してみてください。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.interblog.jp/bizmt/mt-tb.cgi/1181

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


PAGE TOP