MODERN Club/不動産よくある質問Q&A

佐藤 章子(さとう あきこ):
コンサルタントオフィス ハウステージ 代表。 CFPと一級建築士の資格を生かして住まいと暮らしのコンサルタントとして活躍中。

最近のご質問

2006年09月の記事

住まいの間取りと動線[question]

「住まいの動線」というと、今までは主に家事動線を中心として論じられてきました。炊事と後片付け、洗濯、掃除と、朝の時間は特に、主婦は大忙しとなります。毎日のことなので、省力化は不可欠です。

ここでは少し考えを進めてみて、「動線」という言葉でさらにどのような間取りのあり方や生活のシーンが見えてくるか考えてみましょう。

続きを読む »

離婚に伴うマンションの処分[question]

Q:つい最近、夫婦で中古住宅を購入しました。名義は主人6:私(嫁)4です。家を購入したのはいいのですが、すぐ離婚することになってしまいました。私が家をもらう場合はどうなるのでしょうか?かなりの贈与税がかかってしまうのでしょうか?離婚した後、世帯主変更だけで済むのでしょうか?

1,850万で購入したばかりの家ですが、売ったらもっと安くなると覚悟もしております。私が出て行き、主人が家に残る場合も、どんな手続きがいるのか贈与税がいくらかかるのか全く分かりません。力を貸していただきたく投稿しました。宜しくお願い致します。

続きを読む »

保証人になったときのトラブルについて[question]

Q:私が性格的に着実型ではないので、昭和40年、現在所有の住宅、土地も最初から「妻」名義で購入。現在結婚暦48年。30年前、近くに大型マンションの1室、1,440万を夫婦共有で(ローンの関係)購入。現在ローン残金無し。地の利よく現在売買価値約2,000万。

最近、私は友達の事業の保証人に印を。友達の事業があぶなそうで、妻に迷惑を掛けたく無いので、賃貸中のそのマンションを妻名義に「名義変更」したいのですが、何かよい方法があったら教えて下さい。随分と虫のよい話ですみません。尚、私は無職、国民年金。所得年間42万円です。

続きを読む »

FPコラム:生活のON・OFFと住まいのあり方[question]

住まいは、実に多機能な場です。食事に団欒に睡眠、勉強や趣味を行う空間、家族と家財を守る場所、主婦にとっては、日々家事との格闘の場でもあります。サラリーマンのお父さんにとって、くつろぐだけの場かも知れませんが、住まいはかなりアクティブな空間なのです。

また、住まいは時代と共にそのあり方も変化していきます。変化を自分流に上手に取り入れることが、住まいの価値を高め、自分や家族を表現する最高の舞台へとつながります。

続きを読む »

PAGE TOP