MODERN Club/不動産よくある質問Q&A

佐藤 章子(さとう あきこ):
コンサルタントオフィス ハウステージ 代表。 CFPと一級建築士の資格を生かして住まいと暮らしのコンサルタントとして活躍中。

最近のご質問

2008年03月の記事

『インテリアの基本』-3 色の使い方[question]

Q:家具をダークブラウンで揃えてきました。今は部屋が狭いこともありますが、微妙にそれぞれの色彩の違いが気になります。新しい住まいでは、この点を解消し、すっきりと色彩を整えたいと思います。何か良い方法はありますか?

A:室内は生活していく間に、いろいろな小物が氾濫し、次第に雑多な印象になりがちです。少なくとも内装材やカーテンなどは、あまりいろいろな色彩を使わず、これから絵を描き込むキャンバスのつもりで考えると失敗が少なくなると思います。既存の家具の中から、統一したい基準の家具を選んで、それに合わせて再塗装や金具の特注をしても、しっかりした家具ならば、新たに購入するよりは安価で済みます。配置に気を配ったり、クッションなどの付属品で統一感を持たせたりするなど、工夫の余地はいろいろ考えられます。

続きを読む »

『インテリアの基本』-2 暮らしとインテリア[question]

Q:今は賃貸アパートに住んでいます。室内を自由にできないこともあり、居心地良く出来ません。自分の住まいを持ったら、落ち着く雰囲気にしたいと思います。どのように整えたらよいのでしょう。


A:インテリアは、人それぞれ好みもあり、主役はインテリア用品でなく人間ですので、人間の居場所を作るように考えていくと良いと思います。

続きを読む »

 『インテリアの基本』-1 空間構成[question]

Q:住まいを取得した時は、自分でインテリアを考えたいと思います。インテリアに関する資格も取りたいと考えていますが、どのような心構えで勉強したらよいでしょうか。


A:私が、建築を勉強しているとき、先生からは一様に「建築をやるなら、建築以外のことを勉強せよ」といわれました。驚いたことに、勤めてからも休み時間に建築の本を見ていると、「そんなことは仕事の中でいくらでも覚える。建築以外の本を読め」といわれました。インテリアも同じだと思います。「人間を知る」、これが大切です。

続きを読む »

 『季節と日本の行事とインテリア』-4 これからの住まいと行事の楽しみ方[question]

Q:地域の連帯感が薄れていると言われていますが、高層マンションなどでの暮らしでも、伝統行事は受け継がれていくでしょうか。伝統行事を楽しむ為にはどうしたらよいでしょうか。

A:住まいの性能や機能は、既に一定レベルまで達しています。次世代のトレンドは「心地よさの追求」だとも言われています。同時に格差社会を見据え、使い捨ての消費生活に対する反省も含めて、より精神的なものを求めていくのではと思います。その時に日本の伝統行事が見直されるとうれしいですね。

続きを読む »

PAGE TOP