MODERN Club/不動産よくある質問Q&A

佐藤 章子(さとう あきこ):
コンサルタントオフィス ハウステージ 代表。 CFPと一級建築士の資格を生かして住まいと暮らしのコンサルタントとして活躍中。

最近のご質問

2012年08月の記事

『地域と防災-2』 災害に強い住まいとは[question]

わが町わが地域を知れば知るほど、日本は災害のリスクが多い国だと思えてきます。しかし、営々と培ってきた伝統と歴史、四季折々の自然の変化とそれを楽しむ文化、昨年の震災の際にも失わなかった秩序など、日本と日本人はかけがえのないものも多くもっています。数学の世界などで天才的な発見をする人には、美しい自然の中で育ったという共通の背景があるという学説を聞いたことがあります。日本人が意識する以上に、日本の国土と文化は貴重なもののようです。その日本がもっているものを大切にしながら、自然から受けるリスクをどのようにカバーしていけばよいのでしょうか。

『地域と防災-2』災害に強い住まいとは

続きを読む »

『地域と防災-1』 わが町、わが地域を知る[question]

今、地形への関心度が高まっているそうです。坂の上と下では全く違う景色や暮らしが感じられますし、また、地形によっては昔をしのぶ痕跡もあり、興味がそそられるようです。ビルに囲まれた都市部では、普段はそれほど地形を意識する機会が無いかもしれませんが、たとえばバス停の名前に注目してみると、昔の地名がそのまま使われていることが多く、過去と今を繋げてくれます。
東日本大震災を機に、改めて地形の大切さを認識させられことも、地形への関心度を高めた要因のひとつでしょう。過去にも災害に関するテーマを何度か取り上げてきましたが、今回は地形などの地域の特性による災害に、どのように対処すべきかを考えてみます。

続きを読む »

PAGE TOP