MODERN Club/不動産よくある質問Q&A

佐藤 章子(さとう あきこ):
コンサルタントオフィス ハウステージ 代表。 CFPと一級建築士の資格を生かして住まいと暮らしのコンサルタントとして活躍中。

最近のご質問

2012年10月の記事

『住まいを取り巻く法律-2』 法律の種類と目的[question]

『住まいを取り巻く法律-1』 法律の種類と概要で紹介した「建築基準法」や「民法」は、基本的な建物の構造の規定や近隣の環境を整えたり、隣家との良好な関係を維持したりするためのものです。今回は、新居を建てる際に知っておきたい法律について考えてみましょう。住み手の住まいに対する考え方や希望などを、円滑に住まいに反映させるための法律や、トラブルを未然に防いで安心して住まいを手に入れるための法律には、どのようなものがあるでしょうか。

続きを読む »

『住まいを取り巻く法律-1』 法律の種類と概要[question]

住まいの取得は、おそらく多くの日本人にとって人生最大の出費であり、一大行事でしょう。昔の人は「家は3回建てないと、満足のいくものはできない」と言いましたが、現代の人は何度も経験することではないので、1回で満足のいく住まいを手に入れなくてはなりません。
また、昔と違って現代には、住まいに関連する法律だけでも膨大な量があります。法律は国民の権利を守ったり、資産を健全に維持したり、環境を整えたりするためのものですので、関連する法律の意味合いを理解し、ある程度の知識を得ておくことは、有利に住まいを取得し、不要なトラブルを未然に防ぐ上でも大切です。

続きを読む »

PAGE TOP