MODERN Club/不動産よくある質問Q&A

佐藤 章子(さとう あきこ):
コンサルタントオフィス ハウステージ 代表。 CFPと一級建築士の資格を生かして住まいと暮らしのコンサルタントとして活躍中。

最近のご質問

過去のご質問

『<初心者向け>教育ローンの考え方-1』 教育ローンとは?[question]

グローバル化の加速により、子どもの教育は新たな局面を表しつつあります。その半面、経済の低迷により、教育資金の確保は困難を伴う場合が多いようです。奨学金の返済に窮する受給者が急増する中、どのように教育資金を確保すればよいのでしょうか。

◆教育資金の確保の方法いろいろ

教育資金の準備は、子どもが生まれた時から少しずつ準備するのが理想的です。しかし、まだ給与が少なく余裕がなかったり、妻が働けなかったりすることで思うように準備できないこともあるでしょう。そうした場合に、教育ローンや奨学金の制度を利用する方法もあります。

(1)貯蓄する…
子どもがその年齢に達するまでに、入学金や授業料を貯蓄しておくのが基本です。子ども自身がアルバイトをして学費の足しにする場合もあるでしょう。少なくとも高校生であれば、アルバイトで学資の補完は可能でしょう。((4)参照)

(2)学資保険…
生命保険会社(かんぽ生命を含む)、損害保険会社、JAなどが「こども保険」「学資保険」などの商品を提供しています。子どもが小さい時から積み立てるもので、受け取り方はいろいろあります。積立金額よりも支給金額が少なくなるケースもありますが、契約者である親が死亡した場合は、その後の保険料が免除されます。また、強制的に保険料が引き落とされますので、確実に教育資金を確保でき、貯蓄が苦手な人にとってはよいでしょう。ついほかの出費に回してしまうこともなく、教育資金として分散管理できるメリットがあります。

(3)教育ローンと奨学金…
教育資金の準備が不足している場合は教育ローンや奨学金を借りることになります。両者はおおむね下記の表のような違いがあります。

『<初心者向け>教育ローンの考え方-1』 教育ローンとは?

(4)アルバイト…
学生自ら高校生や大学生の間、アルバイトなどを行って学費をねん出するケースもあります。夜間の学校であれば正規に勤務する場合もあるでしょう。それなりの覚悟が必要ですが、奨学金の返済ができないケースが多く社会問題化している中、少しでも学生時代から収入を確保しておくと、問題を先送りしなくて済みます。

◆学資保険のいろいろ

かんぽの学資保険…
出生予定日の140日前から加入でき、契約者が死亡した場合はその後の保険料は不要となります。子どもの死亡時は給付金が支払われます。また子どもの医療保障の特約がつけられます。

JAのこども共済…
かんぽ生命の内容とほぼ同じですが、医療保障特約はなく、子どもの後遺障害や死亡の際の給付がセットになっています。

生命会社の学資保険…
かんぽ生命の内容とほぼ同じですが、給付金支給年齢にはそれぞれ特徴があります。

◆教育ローンのいろいろ

大きくは2種類。国の教育ローンと金融機関の教育ローンがあります。

国の教育ローン…
概要は下記の表のとおりです。日本政策金融公庫で取り扱っています。

『<初心者向け>教育ローンの考え方-1』 教育ローンとは?

民間金融機関の教育ローン…
金利も融資金額も金融機関によって大きく異なります。当然条件なども異なりますので、検討する場合は身近に取り引きしている銀行にお問い合わせの上で、各社比較検討をしましょう。比較サイトもあります。おおむね教育ローンとして商品化されているものの金利は1.5~4.5%程度となっており、教育資金に限定しないフリーローン、不動産担保ローンなどもあります。

◆奨学金のいろいろ

公的な奨学金制度…
日本学生支援機構が行っている制度で、従来の貸与型のほかに平成29年から一部先行実施されている給付型があります。

新聞奨学金制度…
新聞社が主催する奨学金制度で、新聞配達を通じて学費や給与、場合によっては寮や食事の提供がなされる制度です。卒業まで業務に従事すれば学費の返還は必要ありません。

民間団体の制度…
経済が低迷している現在、以前ほどではありませんが、企業が奨学金を支給するケースは丹念に調べれば見つかります。

大学の奨学金制度…
大学は優秀な学生を確保するために奨学金制度を設けているところが多くあります。貸与や給付、諸条件などは大学によって異なります。

教育資金を確保する方法は、さまざまに存在します。ローンや奨学金の貸与型の方法は、いずれ返済しなければなりません。あくまで、それまで教育資金を準備できなかった場合に利用するものとして、これ以上問題を先送りしないよう、慎重に判断する必要があります。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.interblog.jp/bizmt/mt-tb.cgi/1186

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


PAGE TOP